前沢とは

前沢集落から

寒冷で雪深く、平地の少ない舘岩郷では、自然物採取や畑作農耕が中心で、冬期の麻糸、麻布製作、養蚕、屋根葺の出稼ぎ等が重要な副業であった。
大正期には稲作技術や養蚕技術の改良により、畑が水田や桑畑に切り替えられた。
前沢に残る桑の老木は、その名残を伝える。
農耕と家畜の関係は密接で、前沢でも昭和40年代まで馬が飼われていた。
前沢の集落は、北流する舘岩川西岸の緩斜面に立地し、西に山林を背負い、前沢入沢によって耕地整理された南部の畑地と区切られる。
集落内では、舘岩川東岸を走る国道から川を渡って山間の鹿島神社に至る東西の古道と、近隣の集落を繋ぐ南北の古道が交わる。
この辻を中心に家屋が立ち並び、その周囲を従来からの細かな地割の畑地が取り巻く。
宅地や畑地は石積で造成され、また、西の山中の湧水が水路となって東西の古道沿いに流れ、水場が7ヶ所配されている。
前沢の集落では、数度の火災や水害により家屋の位置が少しずつ変わってきたとされる。
現在の集落は、明治40年の大火後、数年のうちに復興されてもので、焼失を免れたのは土蔵4棟である。
主屋13棟の再建および2棟の新築は、田島、南郷、伊南及び新潟の大工棟梁13人のてによる。
社寺建築については、鹿島神社本殿および薬師堂が再建されたものの無住であった前沢寺は廃寺となった。
舘岩村では、昭和63年から前沢の茅葺主屋の屋根葺き替え等に経費補助を行っており、伝統的な建造物が周囲の景観とともに良好に維持されてきた。

舘岩村では。。。

道路整備に伴い、林業が盛んになり、昭和に入ると全国屈指の木炭生産地として栄えた。
しかし、戦後のエネルギー革命や社会経済の変化により、昭和30年代後半からは人口が減少し、少子高齢化が進行した。
この中にあって前沢集落では、近世、近代、現代を通じて一定の世帯数を維持してきた平成18年の町村合併で南会津町となった後は、歴史的な景観の保全と住環境整備、地域の活性化を目指して、集落住民による「前沢景観保存会」が設立され、保存の取り組みが継承されてきた。
今回の重要伝統的建造物群保存地区選定は、このような長年の努力の成果と喜んでいる。
(第一法規株式会社 月刊文化財574号より抜粋)

伝統的建造物群保存地区

昭和50年の文化財保護法の改正によって伝統的建造物群保存地区の制度が発足し、城下町、宿場町、門前町など全国各地に残る歴史的な集落・町並みの保存が図られるようになりました。
市町村は,伝統的建造物群保存地区を決定し,地区内の保存事業を計画的に進めるため、保存条例に基づき保存計画を定めます。国は市町村からの申出を受けて、我が国にとって価値が高いと判断したものを重要伝統的建造物群保存地区に選定します。
市町村の保存・活用の取組みに対し、文化庁や都道府県教育委員会は指導・助言を行い、また、市町村が行う修理・修景事業、防災設備の設置事業、案内板の設置事業等に対して補助し、税制優遇措置を設ける等の支援を行っています。
平成24年7月9日現在、重要伝統的建造物群保存地区は、81市町村で98地区(合計面積約3,600ha)あり、約20,300件の伝統的建造物が保存すべき建造物として特定されています。

Print Friendly, PDF & Email

前沢集落